コース紹介

ビギナーズコースを修了した方は、さらに上級コースをご用意しております

IRシーカー(赤外線追尾)センサーを使用して宝探しをするロボットの製作を行います。その過程で、高度なセンサーの制御と数学の学習領域であるコンテナ(変数)の考え方を使用したプログラミングの習得により、複雑な機構のロボット製作と高度なアルゴリズムを考える力を養います。
学習・習得領域
・正負の数
・一次関数の基礎
・平面図形の運動による
 空間図形の構成と展開
・運動の速さと向き
・ワードとエクセルの基本操作
・テコや滑車の応用
・樹形図
・条件分岐
・変数の考え方と使い方
二足歩行ロボットによる歩行競技を行います。データロギングの活動を通じて、分析に必要なデータの収集と処理、グラフ化の方法を習得します。また、多足歩行の原理を理解した上で、静歩行と動歩行、通信(有線と無線)のメカニズムを学習し、歩行競技に応用させるプログラムを組んでいきます。
学習・習得領域
・情報通信
・計測工学
・運動力学
・システム制御工学
・条件分岐
・変数の考え方と使い方
これまでのグラフィカルなプログラミング(EV3ソフトウェア、 ROBOLAB)から、テキストベース(ロボットC)のプログラミングを学習することで、プログラムの基本構造を段階的に理解していきます。


学習・習得領域
・開発言語(ロボットC)
・論理演算
・制御工学
・微分・積分
・計測工学

今までの総仕上げ!習得した全ての技術を使って、本格的なロボットを製作します。

学習・習得領域
・開発言語(ロポットC)  ・論理演算  ・微分・積分  ・計測工学
ロボットアームの構造と制御について学習し、ロボットCについて更に高度な学習を進め、PIO制御を用いたプログラムに挑戦します。
プログラム言語の1つであるC#を取り上げ、コンピューター言語とプログラムコードの基本について学習します。SS1で行ってきたモーションエディターによるプログラミングを、テキストベースで行うようにします。
最終コースの集大成として、より高度な内容を総合的に学びます。自分の興味がどの工学分野にあるかを見極め、これまでのロボットを用いて自らの研究課題を選定し取り組みます。
このページの先頭へ

SSL グローバルサインのサイトシール

Copyright (C) crefus. All Rights Reserved.